補助制度


山の手入れ(植林・下刈・枝打・間伐等)を行うと補助金が交付される場合があります。
補助の対象かどうか、補助金額がいくらになるかは様々な条件で決定されます。

補助事業一覧表(目安)

作業種 補助対象林令 事業の基準 補助金(ha当たり)
手取単位(円)
備考
(補助釈択面積 0.10ha以上)
人工造林 植付本数
1,600本/ha~3,000本/ha
270,000~680,000
410,000~1,200,000
*植付本数・樹種等により単価に差が有ります。
*ザツ20年生以下、スギ40年生以下、ヒノキ45年生以下、マツ35年生以下を更新し、造林することはできません。
雪起こし 2~25年生 復旧率 30%以上 広葉樹 94,000
針葉樹 71,000
*植栽した次の年から対象となります。
下刈り 1~5年生
※6~10年生
全刈り 広葉樹 90,000
針葉樹 68,000
*平均樹高が3m未満及びクズ、竹が繁茂していること。
*樹高測定状況写真(ポール等をあてる)が必要。
枝打ち 11~30年生 生枝打幅 1~7m未満
実施本数率 60%以上
24,000~330,000 *実施本数により補助金が違います。
*枯れ枝打ちはダメ。 生枝1m以上打ち上げ。 
*地上1m未満は枝打幅に含まない。
除伐 11~25年生 不用木の伐採 51,000~60,000 *不用木(侵入竹を含む)の除去。
保育間伐
(切捨)
※11~35年生
36~80年生
不良木の伐採 61,000~66,000 *不用木(侵入竹を含む)の除去。
*植栽木の20%以上の伐採。
間伐(搬出) 11~60年生
※61~80年生
平均10㎥/ha以上の搬出 92,000~240,000
101,000~260,000
*61年~65年生は100㎡当たり8本以上成立していること。
66年生~は100㎡当たり7本以上成立していること。
間伐材持出

補助金
11~60年生
*61年生~
スギ・ヒノキに限る 2,476/1㎥ *造林搬出間伐の施業基準により査定されます。
*切り過ぎによりha当りの基準材積をオーバーした場合、数量が減らされる場合もあります。
*61年生以上の場合は間伐作業と見なされない場合あり。
作業路
開設
16年生以上 搬出間伐 2ha以上 100~1,000/1m *幅員 2.5m以上 延長 300m以上
*鳥取式作業道でないと補助対象外
作業道
開設
延長 500m以上
対象面積 30ha以上
自己負担 なし *幅員 3.5m
・間伐計画を立ててください。
(5ha以上 事業費により増加)
・作業道開設の地元交渉済みのみ採択

*全作業、経営計画に現況及び伐採計画がないと補助対象になりません。
*保安林地内で作業(皆伐・間伐・作業道開設など)するには、必ず届出が必要です。

【竹林整備事業】
竹林整備の内容
・竹林の抜き切り(間伐)

※作業前・後看板見本はこちらから!

造林事業依頼書

造林事業依頼書記入例 造林事業依頼書 造林事業依頼書